今すぐキャッシングをする方法を解説

急な出費に強いキャッシングサービスとは

急な出費に強いキャッシングサービスとは

【キャッシングとは】

 

冠婚葬祭、怪我や病気など、急な出費が必要になる場合は、私たちの生活の中でしばしばあるかと思われます。事態が事態なだけに、いきなりまとまったお金を用意するのは中々難しいことでもあります。

 

そんな時、皆さんはどう対処しますか。仲のいい友人や、家族のだれか、はたまた懇意にしてもらっている会社の上司の方などからお金を借りる、という方がきっと多いのではないでしょうか。

 

ですが、そんな彼らに感謝の気持ち抱きつつも、それと同時に申し訳ないという気持ちも抱えてしまいます。そんな時、誰にも心配を掛けずに、何とか自力でお金を工面できる方法があれば良いな…と、思ったことはありませんか。

 

もし、それが出来るなら最もスマート且つベストな選択でしょう。実は、そんな選択肢は身近にあります。それは消費者金融会社が提供するキャッシングサービスです。

 

キャッシングは、予め契約し専用のカードを作成しておけば、ATMなどを通して、いつでも金融会社から資金の借り入れが行える、という便利なものです。感覚としてはキャッシュカードを使って、銀行の口座からお金を引き出すように、簡単に利用できます。

 

また、申込み契約には担保や保証人も必要ありませんので、誰かに迷惑を掛ける心配もありません。通常のローンのように、車や住居の購入資金など限定的な使い方しかできないという訳ではなく、その使途は基本的に自由です。また審査も緩めなことも大きな特徴です。

 

 

【キャッシングの申し込み審査〜融資返済までの流れ】

 

まず申し込み対象者は20歳以上で安定した収入のある方で、なお且つ返済能力のある方となります。それに加えて、各消費者金融会社の基準を満たす方となっています。申し込みは各金融機関のウェブサイトや電話、郵送、店舗窓口、自動契約端末などから行えます。

 

申し込みの際には、健康保険証やパスポート、自動車運転免許証などの、本人確認書類のコピーが必要になります。また、申し込み借り入れ金額が高い場合などは、加えて源泉徴収票や税額通知書、所得証明書などの、収入証明書類のコピーが要求される場合があります。

 

事前にこれらの書類を用意しておきましょう。郵送以外の申し込み方法なら、審査が素早く行われ、メールや電話でその可否が通知されます。審査通過後は、後日、指定した住所にカードが郵送されてきます。

 

その後は、実際に融資が受けられる状態となり、金融機関の提携ATMやコンビニATMなどを使用して、現金の借り入れが行えるようになります。融資可能額は利用する金融機関によってもバラつきがありますが、最少1万円〜最大300万円、500万円などと定められています。

 

また、ウェブサイトや電話連絡をすれば、指定の口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。返済方法は、月々の指定した日に一定の金額を支払うリボリビング払いが一般的とされていますが、臨時の支払い、一括払いにも対応しています。支払いには口座振替などが使え、また借り入れの時同様に、コンビニATMや振り込みによる支払いも選択可能となっています。

 

 

【キャッシングのメリットについて】
この項ではキャッシングのメリットについて説明したいと思います。まず第一に、申し込み対象者が幅広く審査が緩めであるということが挙げられます。通常のローンでは、申込者の勤続年数、健康状態、年収など様々なプライベート情報がチェックされ、厳しく審査が行われます。

 

一方キャッシングでは、アルバイトやパート、主婦や学生の方でも安定した収入があれば融資対象者となり得ます。今までローンを組めなかった層の方でも、誰でも簡単に申し込めるようなったといのは、大きな魅力ではないでしょうか。

 

そして第二に、契約が非常にスピーディだということです。ウェブサイトや電話からの申し込みでも審査が数十分で終わります。また、消費者金融の店舗窓口や自動契約端末から申し込めば、その場でカードが発行され、受け取ることができるため、即日融資も可能となってます。これは本当に緊急でお金が必要になった時に、とても有難いサービスです。

 

第三に、コンビニATMを利用できる点です。現在、日本全国にコンビニは普及しており、その多くが24時間営業となっています。そしてそれは、何時でも何処でもATMを利用できる状態ということを意味します。つまり、時間や場所に係らず、常にお金を借りられるという訳です。前述した素早く申し込める点も含めて、緊急時のお金の調達方法としては、非常に理想的なサービスと言えるのではないでしょうか。

 

 

【キャッシングのデメリットと注意点について】
さて、ここまでキャッシングを推す内容の説明をしてきましたが、物事は常に表裏一体、メリットがあればデメリットがあるのも当然です。本項ではキャッシングのデメリットと注意点について説明していきます。まず、一番のデメリットは金利です。

 

キャッシングもローンの一種ですので、もちろん利息が掛かります。しかもローンよりも高めに設定されています。そのため、普通はローンを組んで買うような、住宅や車などの高額商品の購入には不向きと言えます。高額商品には通常のローン、生活資金にはキャッシングなどと使い分けることを心掛けましょう。

 

そして次に、簡単にお金を借りられる点にあります。簡単に借りられてしまうが故に、借り過ぎてしまうという恐怖が、便利さと一緒に混在しています。自分の口座から出金する感覚で利用していると、いざという時に限度額オーバーで借り入れ不能、ということにもなりかねません。

 

常に使用を戒める自制心を持ちましょう。最後に、どんなにキャッシングが手軽でも、借金だということを忘れてはいけません。借りれば借りた分だけ返済に迫られます。返済しきれないほど借りて、借金地獄に陥ってしまった…なんてことになったら、目も当てられません。

 

借り入れは計画的に、返済はしっかり行いましょう。利息は基本的に日割りで算出されますので、借りてすぐ返すのスタンスなら、微々たる金額で済みます。例えば、給料日前のピンチに借りて、給与の支払いがあったら即返済、という状況にはもってこいな使い方です。

 

 

【消費者金融大手のサービスを比較】
この項では大手消費者金融会社のサービスを比較してみます。詳しくはこちらのキャッシング口コミ情報即日審査をご覧ください。

 

まずプロミスは、年率6.3〜17.8%、借り入れ限度額は最大300万円まで、審査スピードは最短30分となっています。プロミスのサービスの魅力はなんと言っても、ウェブサイトからの申し込みでも即日融資が可能な点です。

 

カードの郵送を待たず、審査完了後、振り込みでの借り入れが出来るのは嬉しいサービスです。また現在は、初めての方限定で30日間利息無料キャンペーンも行っています。アコムのサービスは、年率4.7〜18.0%、限度額は500万円まで、審査スピードは最短30分となります。

 

アコムも審査後の即日振込融資が可能で、プロミスのような利息無料キャンペーンも実施中です。モビットは、年率は4.8〜18.0%、限度額は500万円まで、審査スピードは最短10秒です。モビットの魅力はやはり驚異の審査スピードです。簡略化されているとはいえ、この速度の審査は他社にはない利点です。アイフルは、年率が5.5〜18.0%、限度額は300万円まで、審査スピードは最短30分となっています。

 

アイフルはサポートサービスが充実しているので、初心者の方でも安心して利用できます。また、通常は最少貸し付け額が1万円が基本のキャッシングですが、アイフルではなんと1000円からの超少額から可能となっています。試しに使ってみたいと思う方は、アイフルがおススメです。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ